中古トラックを売る流れ

インターネット査定を利用した場合は、
まず各社のサイトからメーカーや車種名、形状、年式、走行距離、型式などの
中古車トラック情報を入力します。
また、ご自身のお名前や連絡先、メールアドレスを入力して査定依頼をおこないます。

後は、業者から電話やメールで見積もり査定額が伝えられます。
提示された見積額が気に入った場合は、ご自宅にておこなう出張査定を依頼します。
すると約束した日時に、査定員が出張査定をしにきてくれます。
そこで、最終の査定額が提示されます。
もし査定額に納得して契約をすれば、その場で現金で買取をおこなってくれる業者も多いです。
その後は、書類手続きなどをご自身や業者がおこないます。

中古トラックのご自宅での査定時や売る場合に必要となる書類は、
車検証や自賠責証明書、納税証明書、
印鑑証明書、譲渡証明書、委任状などが必要となります。
また、リサイクル料を支払い済みの場合はリサイクル券が必要となります。

さらに、車検証上での所有者欄記載住所と現住所が異なる場合には、
商業登記簿謄本か住民票も場合によっては必要となります。

登録識別情報等通知書は、中古トラックにナンバーがない場合や
一時抹消されている場合に必要です。

ご自宅での査定時や売る可能性が高い場合には、
各会社に事前に必要書類などを確認してください。

また契約が成立してからの面倒な書類手続きを、
無料で代行してくれる買取業者も多くなっています。
例えば、名義変更手続きや一時抹消、名義変更後の車検証のコピーなどです。

また、買取証明書の発行まで代行してくれる買取業者もあります。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類
中古トラックは買取も販売も同じ業者を選ぶ

今使用しているトラックを売って、新しいトラックを購入したい。 そう考えている人がいたとしましょう。 …

未分類
トラックを買い替えるタイミング

トラックを買い替えるタイミングが難しい、そう思っている事業主は多いのではないでしょうか? 耐用年数が …

未分類
トラックの自動車税について

自動車税とは、自動車を所有する事で発生する税ですから、当然トラックにも自動車税はかかります。 そして …